ニュースリリース

テクノロジー・ジョイントは、4月9日(月)から4月12日(木)、ラスベガスで開催されるNAB Show 2018(国際放送機器展)にて、 独Spin Digital社ブースに協賛いたします。

Spin Digital、NAB2018で8K HEVCソリューションを出展します。
Spin Digital Video Technologies GmbH (Spin Digital)は、4月9日(月)~12日(木)まで、ラスベガス・コンベンションセンターで開催されるNAB 2018、ブース№ SU13612 、サウスホール2Fにて出展します。Spin Digitalは、コンパクトPCによる8K60p再生、シングルPCからのマルチ4K/8K HEVC出力対応HEVCデコーダ、360°映像をサポートするHEVCエンコーダなど、HEVCソフトウェアソリューションを展示いたします。
Spin Digital HEVCソリューションは、Spin Digitalの自社開発による8K高品質映像再生、エンコーディングのend-to-end のソフトウェア ソリューションです。

コンパクトPCベース8K Media Player
Spin Digital ソフトウェアMedia Player(Spin Player)は、非常にコンパクトなPCシステムで、8K60p HEVCコンテンツを再生いたします。自社エンジンを使用したHEVCデコーダとビデオレンダラーは、12 コアCPU (Intel コア i9-7920X)と小型サイズのGPU(AMD Radeon Pro WX 4100など)だけで8K60pコンテンツのリアルタイム再生ができるように最適化されています。その結果、小型で低価格な8K再生システムをご提案できるようになりました。

1台のPCによるマルチ4K/8K HEVCデコード
Spin Digital HEVC/H.265 SDK (Spin SDK)は、マルチ4K/8Kデコード、例えば、8K60pであれば4チャンネル、4K60pであれば16チャンネルをリアルタイムHEVC/H.265デコーディングできるように超高性能に最適化をされています。Spin SDKを使うことで、マルチ出力ソリューションのハードウェアコストを削減し、もしくは、従来のコストで出力チャンネルを増やすことも可能です。

360°ビデオ対応HEVCエンコーダ
Spin Digital HEVC/H.265 Software Encoder (Spin Enc)は、超高精細映像のクオリティを保ったまま、高い圧縮率でHEVCエンコードを実現します。そのエンコーダは、新しいアルゴリズムの最適化とツールにより360°ビデオのエンコードにも対応しています。その結果、Spin Encは、低帯域、小さなファイルサイズを実現して、高品質を維持するので、マスターファイルの360°エンコードにも適しています。NABで、Spin Digitalは、3Dステレオ立体視、4K×4K解像度、およびSpin Encを使用してHEVCで圧縮された空間サウンドが特徴とするUS/Finish ダンスVR体験「Devil’s Lungs」をお見せします。

お問合わせとミーティングについて:ブースSU13612(サウスホール2F)
Spin Digital製品についての詳細説明、Spin Digitalメディアプレーヤのデモストレーションのお申込、HEVCソフトウェア ビデオ コーデックによる映像配信、HEVCコーデックのアプリケーションへの組込みなどのご相談を承っております。事前に、下記、連絡先までご連絡を頂けましたらご希望の時間帯にブースにてお待ちします。

– Mauricio Alvarez Mesa(マウリシオ アルバレス メサ), CEO – mauricio(at)spin-digital.com – www.spin-digital.com
– 日本及びアジアからのお問合わせ: 刈谷(かりや)まで, Executive Officer – tkariya(at)tjc.ne.jp – www.tjc.ne.jp