ニュースリリース

テクノロジー・ジョイントは、11月15日(水)から11月17日(金)、千葉県幕張メッセで開催されるInterBEE2017に出展いたします。

テクノロジー・ジョイント株式会社は、11月15日(水)から17日(金)まで、千葉県 幕張メッセで開催されるInterBEE2017(国際放送機器展)、8ホール ブース№ 8105に出展します。
Spin Digital Video Technologies GmbH (Spin Digital)、BOXX Technologies(BOXX)との共同出展で、Spin Digitalの8Kメディアプレーヤ、SDK、エンコーダなど、世界最先端HEVC/H.265ソフトウェアソリューションの最新バージョンをBOXXワークステーションで展示します。
Spin Digital 8K HEVCソリューションは、Spin Digitalが自社で開発をしている、ソフトウェアベース8K高品質映像再生、エンコーディングのend-to-end のソフトウェア ソリューションの一つです。

8KサポートSpin Digital HEVC メディアプレーヤ
Spin Digital高品質HEVC/H.265メディアプレーヤは、Spin Digitalの最新技術を搭載したHEVC/H.265デコーダ及びビデオレンダラーエンジンをベースにしています。Spin Digital 8K メディアプレーヤによるデモストレーションは、4つのメイン展示を予定しています。

8K120p, 4:2:0, 10bit:
8K 120fps ハイフレームレート。Spin Digitalメディアプレーヤは、8K 120fps 10ビットのハイフレームレートのリアルタイム再生に対応しました。ビデオ解像度は、フルHDから4Kそして8Kに移行するなか、それに従い、広色域情報を維持したフレームレートの増加も求められています。ハイフレームレートは、スムーズな動きを表現し、速い動きの映像も鮮やかに提供します。

8K60p, 4:2:2, 10bit AWSクラウドエンコードとストリーミング((株)NHKメディアテクノロジー提供):
Spin Digitalエンコーダとメディアプレーヤは、クラウドコンピューティングのインスタンスを使用した効率的なトランスコード、およびHLSを使用したクラウドからのストリーミングの動作テストをクラウド環境で実施済です。Spin Digital メディアプレーヤは、プロフェショナル放送分野、ポストプロダクション、パブリックビューイングなど、8Kを求める市場にPCベースで8K対応することで、コスト削減を提供します。

8K60p, 4:2:0, 10bit 小型PC再生((株)エルザジャパン提供):
HEVCデコーダとメディアプレーヤの最新バージョンは、最新のIntel Skylakeプロセッサに最適化され、従来よりも高いパフォーマンスを提供します。シングルソケットのCPUで8K120fpsに対応、8K60pについては、小型PCで再生が可能となっています。また、非常に高いパフォーマンスを要求するマルチ8K出力、ビデオウォールやVRに要求される8K以上の解像度(12K、16K)にも対応しています。

マルチ8K HEVCデコーダ、 8K 60p HEVC マルチ3画面をリアルタイムデコード:
Spin Digital HEVC SDKの最新バージョンはPCベースで最大のパフォーマンスが得られるよう、さらにパワフルに最適化されています。マルチストリーム対応HEVCデコーダは、1台のPCでマルチ4K及び8Kのデコード再生に対応します。複数ストリームが必要な監視モニタリングシステムなど、マルチビデオデコーディングにお役立ちします。8K 60p HEVC マルチで3画面をリアルタイムデコード、4K 60p HEVC マルチで14画面をリアルタイムにデコードします。

Spin Digital ビデオレンダリングエンジンの最新バージョンは、ディスプレイ構成に柔軟に対応します。最新ビデオ レンダリング モードでは、マルチGPUまたはSDIボードを使用して、さまざまな画面と再生レイアウトを実現します。

SDKは、C/C++、DirectShowとして、革新的な映像ハイエンドユーザ、高度なスペックを求めるアプリケーションの開発者向けに提供されています。

Spin Digital HEVCエンコーダとビデオ フィルター ライブラリ
Spin Digital HEVCエンコーダの新バージョンは、ハイクオリティ、高圧縮のための機能を高め、新しいCBRレートコントロール アルゴリズムの搭載とともにリリースされました。エンコーダには、高精度ビデオ処理、SDR, HDR PQ, HDR HLG変換コンバータ機能、BT.709, BT.2020カラースペースコンバータ、解像度スケーリング、輝度フォーマット変換などのプリプロセッシング フィルターのための新しいライブラリが含まれています。

お問合わせとミーティングについて: 8ホール ブース№ 8105
・ Spin Digital製品についての詳細説明
・ Spin Digitalメディアプレーヤのデモストレーションのお申込
・ HEVCソフトウェア ビデオ コーデックによる映像配信のご相談
・ HEVCコーデックのアプリケーションへの組込みなどのご相談
など、事前に、下記、連絡先までご連絡を頂けましたらご希望の時間帯にブースにてお待ちします。

テクノロジー・ジョイント株式会社 事業開発部  刈谷(かりや)まで
tkariya(at)tjc.ne.jp