沿革

 

1997年 創業者の鉛谷貞治郎により大阪で設立。
ドイツ ELSA AG社とTJCとの合弁により、株式会社 エルザ ジャパン 設立。
2000年 ヘブライ大学 コンピュータサイエンス研究所と提携。
2002年 ELSA AG社が保有するエルザ ジャパン株式をTJCが取得し、エルザ ジャパンをTJCの100%子会社とする。

NVIDIA社との日本での販売代理店契約を締結。

NEC社とのパートナーシップを締結。

MainConcept AG社とアジアでの販売代理店契約を締結。

2003年 RTT AG社と日本での販売代理店契約を締結。
2005年 Assimilate Inc社とアジアでの販売代理店契約を締結。
2006年 MainConcept AG 社との合弁により、日本法人「株式会社メインコンセプト・ジャパン」を設立。
2007年 設立10周年。

国内外120名の方々が出席し記念パーティーを開催。シュトゥットガルト放送交響楽団とのリレーションシップにより、5名のアーティストが来日演奏。

2008年 株式会社 ゾレアックス ジャパンへ出資。
2009年 JenniferSoft社とアジアでの販売代理店契約を締結。
2010年 株式会社 B1を設立。

Cinedeck社製品 EXTREMEの取扱を開始。

2011年 本社を東京に移転。

TECHNOLOGY JOINT CORPORATION ASIA PTE. Ltd.を設立。

2012年 TJCメディアラボ株式会社を設立。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科との産学共同により、ARソフトウエアの開発に着手。日刊工業新聞にてプレスリリース。

2014年 TECHNOLOGY JOINT CORPORATION ASIA PTE. Ltd.が、7th Sense 社と4K/8K 非圧縮ビデオサーバーの日本を含むアジア地域の販売代理店契約を締結。
2015年 大阪オフィスを事業拡張のため移転。
2016年 Spin Digital Video Technologies GmbHとアジアでの販売代理店契約を締結。